植毛費用ガイド!【症状別・各クリニックの相場】をわかりやすく解説

植毛施術パターン

植毛は生やしにくいとされる前髪にも発毛させることができるとても心強い美容外科医療です。

ただ、『植毛手術は安くない』というイメージがあるため、実際に行うかは費用面で折り合いが付くかどうか実際に計算してみないとハッキリとしたことはわかりませんよね。

それでこのページでは植毛に関わる費用について詳しく考えていきたいと思います。

特に、植毛費用について

  • 植毛料金の基本的な計算方法
  • 薄毛の症状タイプでわかる費用価格
  • 各クリニックの相場
  • 術式別で見る価格帯
  • 他の薄毛治療との費用比較
  • 植毛の最安値費用

この6つのパターンを軸にしながら植毛費用について見ていきます。

自分にとってふさわしい目安を割り出し、植毛が現実的な治療法となるように検討しましょう◎

植毛料金の基本的な計算方法

国内の植毛クリニックで手術を行う際には、まず『基本料金』という概念を押さえておく必要があります。

これは植毛する本数が1本であっても1000本であっても必ず発生するコストとして捉えておきましょう。

というのは、植毛は立派な外科医療ですから、医師免許のある専門ドクターと経験ある看護師さんたちが一丸となって取り組む手術です。

そのため、手術を行いたい場合、まず『基本料金』を担保にすることで医師や看護師さんに働いてもらうことができる、そんなイメージがしっくりくるかと思います。

いずれにしても、植毛を受ける場合には大抵のケースで『基本料金』が発生することを覚えておいてください。(※ 中には海外事情と同じく基本料金を設定していない病院もあります。)

クリニックによって差はあるものの、『基本料金』がある病院では大体20〜30万円ほどの価格帯になっているところがほとんどです。

植毛の基本料金制度植毛手術は基本料金が付き物

 

通常、植毛の合計費用は『基本料金』と移植する髪の毛の本数によって決まります。

ただし、本数といっても普通に1本・2本と数えるのではなく、『株』あるいは『グラフト』という単位に基づいて計算されます。

植毛の費用計算についてよく理解するために、ここで植毛の方法について少し考えてみてください。

頭髪は頭皮の毛穴から髪が生えていますが、1つの毛穴から生えているヘアは1本とは限らず、日本人の場合だと1〜3本くらいの毛がランダムに生えている状態です。

1本毛 2本毛 3本毛 4本毛
日本人 24〜30% 50〜64% 13〜17% 0〜2%
白人 14% 52% 29% 6%

出典:Imagawa K. Knowing the difference in restoring the Asian look. In ; Pathomvanich D, Imagawa K editors. Hair restoration surgery in Asians. Springer-Tokyo, Berlin, Heidelberg, New York ; 2010.p.15-20

 

現代の植毛術ではこの毛穴(FU)単位で髪を移動させるため、毛穴単位で生えているまとまった移植毛の束を『株』という単位で扱っています。

植毛で使用する株の種類

こうした背景から、植毛本数を見積もる際にも『◯本』という言い方ではなく、『◯株』あるいは英語名の『◯グラフト』という呼び方がされます。

採用される術式やクリニックの基準でも若干の差はありますが、大体1株(グラフト)当たり約2〜2.5本前後でみなされることが多いようです。

それで植毛の合計費用は、

基本料金+(株数 ✕ 単価)

 

以上の計算式で成り立つことを覚えておくとわかりやすいでしょう。

一つの例ですが、たとえばアイランドタワークリニックで500株(約1350本)のFUE植毛をすると仮定した場合、基本料金は20万円で1株単価が1200円なので、

20万円+(500株×1200円)= 80万円

以上が合計でかかる植毛料金となるわけです。

計算自体はとても簡単ですね◎

薄毛の症状タイプでわかる費用価格

植毛費用は基本料金と移植する株数で決まることを最初に考えましたが、実際にどれくらいの本数が必要になるのか前もって知れるなら便利だと思いませんか?

具体的な見積もりはカウンセリングの時に担当医がしてくれますが、ある程度の概算なら薄毛の症状タイプで検討がつきます。

そこで、男性型脱毛症を診察する時によく使用されるノーウッド分類と照らし合わせながら一つ一つの費用相場を確認してみましょう。

きっとあなたが抱えている薄毛の状況も以下の『クラスⅠ(1)』〜『クラスⅧ(8)』のどれかに当てはまると思います。

植毛施術パターン

たとえば生え際が後退して少しM字ハゲ化が進み、医師から『クラスⅡ』に相当すると診断された場合、表を見ると最大で1500株ほどの移植が必要になることがわかりますね。

ここでは軽いM字ハゲ(クラスⅠ)、中間クラスのM字ハゲ(クラスⅡ)、前頭部と頭頂部のハゲ(クラスⅣ)、ツルツルの最終段階(クラスⅧ)に分けて具体的な植毛費用を見ていきたいと思います。

軽いM字ハゲ(クラスⅠ)

20代で薄毛の初期段階であればクラスⅠレベルであることがしばしばです。

この場合、リアルな相場では500〜1000株前後となることがほとんどですから、少なめだった時の500株と多めだった場合の1000株費用をそれぞれ計算してみると相場は以下の内容となります。

【軽いM字ハゲ(クラスⅠ)】の費用
病院名 アイランドタワー 湘南美容 アスク井上 ヨコ美
M字ハゲ
500株
FUE
86万4千円
FUE
49万8千円
FUE
57万7800円
FUE
43万2千円
刈らないFUE
129万6千円
刈らないFUE
98万円
刈らないFUE
84万7800円
刈らないFUE
54万円
FUT
FUT
49万8千円
FUT
FUT
36万7200円
M字ハゲ
1000株
FUE
151万2千円
FUE
88万円
FUE
95万5800円
FUE
86万4000円
刈らないFUE
237万6千円
刈らないFUE
176万円
刈らないFUE
149万5800円
刈らないFUE
108万円
FUT
FUT
88万8千円
FUT
 FUT
64万8000円

※ FUE・刈らないFUE・FUTは植毛の術式名。
※ 基本治療費を加えた税込み価格。

仮に500株だと、FUTの術式では約40〜50万円、通常のFUEでは約45〜90万円、刈らないFUEでは約55〜140万円です。

利用するクリニックや移植株数によってだいぶ差がありますので、詳細はクリニックでのカウンセリングで見積もりを出してもらうことができます。

ちなみに、株数の見積もられ方はクリニックによって百単位で差が出ることもよくあります。

最終的にどの病院で受ければ一番安くなるのかについては、株単価の高さ・安さだけの判断では不可能なため、各クリニックでのリアルな見積もり株数を元に比較することで総合的に判断します。

中間のM字ハゲ(クラスⅡ)

では次に中間クラスのM字ハゲ(クラスⅡ)を見てみましょう。

【M字ハゲ(クラスⅡ)】の費用
病院名 アイランドタワー 湘南美容 アスク井上 ヨコ美
M字ハゲ
1250株
FUE
183万6千円
FUE
102万5千円
FUE
114万4800円
FUE
108万円
刈らないFUE
291万6千円
刈らないFUE
205万円
刈らないFUE
181万9800円
刈らないFUE
135万円
FUT
FUT
約100万円
FUT
FUT
約76万円
M字ハゲ
1500株
FUE
216万円
FUE
117万円
FUE
133万3800円
FUE
129万6千円
刈らないFUE
345万6千円
刈らないFUE
234万円
刈らないFUE
214万3800円
刈らないFUE
162万円
FUT
FUT
118万円
FUT
 FUT
86万4千円

※ FUE・刈らないFUE・FUTは植毛の術式名。
※ 基本治療費を加えた税込み価格。

2センチ程度生え際の後退が見られる『クラスⅡ』のM字ハゲで、仮に1250株の移植株数が必要と診断された場合では、FUTで約80〜100万円、通常のFUEでは約80〜180万円前後、刈らないFUEだと約135〜300万円が相場です。

刈らないFUEは植毛医の作業量が多くなることから全体的に高めですが、場合によっては通常のFUEとの組み合わせなど、臨機応変に複数の術式を組み合わせられるケースもありますから、折り合いがつけられやすい方法についてカウンセリングのときに相談してみると実際的です。

頭皮やヘア密度の状況によって利用できる術式や本数も変わってきますので、その辺りも想定しながら見据えていきます。

前頭部と頭頂部のハゲ(クラスⅣ)

前頭部の後退だけでなく頭頂部の密度も同時に薄くなっているケースでは移植株数が更に必要です。

【前頭部と頭頂部の脱毛】
病院名 アイランドタワー 湘南美容 アスク井上 ヨコ美
M字頭頂部ハゲ
1750株
FUE
248万4千円
FUE
約100万円
FUE
152万2800円
FUE
151万2千円
刈らないFUE
399万6千円
刈らないFUE
要相談
刈らないFUE
228万5千円
刈らないFUE
189万円
FUT
FUT
約130万円
FUT
FUT
約100万円
M字頭頂部ハゲ
2000株
FUE
230万円
FUE
144万円
FUE
171万1800円
FUE
172万8千円
刈らないFUE
453万6千円
刈らないFUE
要相談
刈らないFUE
279万1800円
刈らないFUE
216万円
FUT
FUT
146万円
FUT
 FUT
108万円

※ FUE・刈らないFUE・FUTは植毛の術式名。
※ 基本治療費を加えた税込み価格。

2000株の場合、FUTでは約110〜150万円、FUEでは約170〜230万円、刈らないFUEでは約216〜464万円。

大量植毛になってくるとどんな術式でも100万円の大台を超えてくるので『植毛はやっぱ高いな〜』と思わずため息が出るかも知れませんが、考え方を変えてみると『そうでもない…むしろ安いかも…』と感じるかもしれません。

というのは、自毛植毛は一度しっかり頭部に生着すると、基本的に死ぬまでずっと生え続けます。

仮に30歳で植毛を受けたとして80歳まで生きるとしたら、残りの50年の人生をずっとフサフサでいられるということです。

植毛経費に200万円かかったとしても、50年分を1日当たりに換算するとたったの約110円。

つまり、1日1本のジュース代と引き換えに薄毛を一生涯克服できてしまうわけですね。

そう考えてみると、更に自毛植毛が身近に感じられると思います◎

男性型脱毛の最終段階(クラスⅧ)

側頭部と後頭部の一部ヘア以外を除き、メインの頭髪全体が消失してしまっている状態なら、2500株以上の植毛手術になる可能性もあります。

国内では約4000株の植毛手術例も記録されていますが、日本人の平均的な相場では多くても2500〜3000株程度ですので、その2つの例をご紹介します。(※ 植毛の移植株数は頭皮のコンディションや毛髪密度により個人差がありますから、お金があれば何本でも植えられるというわけではありません。)

【男性型脱毛クラスⅧ】
病院名 アイランドタワー 湘南美容 アスク井上 ヨコ美
男性型脱毛クラスⅧ
2500株
FUE
345万6千円
FUE
170万円
FUE
208万9800円
FUE
216万円
刈らないFUE
561万6千円
刈らないFUE
要相談
刈らないFUE
343万9800円
刈らないFUE
270万円
FUT
FUT
要相談
FUT
FUT
約120万円
男性型脱毛クラスⅧ
3000株
FUE
410万4千円
FUE
186万円
FUE
246万7800円
FUE
259万2千円
刈らないFUE
刈らないFUE
刈らないFUE
刈らないFUE
FUT
FUT
要相談
FUT
 FUT
120万円

※ FUE・刈らないFUE・FUTは植毛の術式名。
※ 刈らないFUEで3000株以上の採取を行うのは1回の施術内では困難なため計算外。
※ 基本治療費を加えた税込み価格。

ここまでの本数になってくると、思わず目がくらむほどの量と値段になってきますね(´∀` ;)

それでもリーズナブルなクリニックを選べば現実的に大量植毛も行える範囲ですから、薄毛状態が適用範囲内であれば積極的に利用できるはずです◎

各植毛クリニックの費用相場について

クリニック医師との相談

 

症状別の費用表からすでに各クリニックの相場が何となく理解できたかもしれませんが、それぞれ特徴がありますので簡単にお伝えしておきます。

まず表内でご紹介してきたFUEの術式のみを扱うクリニックでは基本治療費があり、FUTとFUEの術式を扱うクリニックでは基本治療費がない状況です。

結果、FUTとFUEの術式が選択可能な湘南美容クリニックとヨコ美クリニックが総じてリーズナブルな値段になりやすいのが現状です。

アイランドタワークリニック・親和クリニック・アスク井上クリニックのFUE專門クリニックではどれも約20万円の基本治療費が設定されていますが、刈らないFUEで植毛する場合では親和クリニックだけ30万円にアップするので注意が必要です。

以下、各クリニックのその他の特徴についてポイントを挙げておきますので合わせて参考にしてください。

アイランドタワークリニック

アイランドタワークリニックはFUE專門クリニックで日本で一番知名度がある植毛施設として有名です。

アイランドタワークリニックの料金の特徴

  • 基本治療費あり
  • FUEの定価が全クリニックで一番高額
  • 10〜50%のモニター割引を利用可
  • 交通費・宿泊費の全額返還サービスあり
  • 友人紹介などの各種特典あり
  • カードローン等の分割払いもOK

湘南美容クリニック

TVCMでもおなじみの全国に77院を展開するチェーンクリニックですが、植毛が行えるのは東京・大阪・名古屋・福岡の4院のみです。(※ 相談はどの分院でも可)

湘南美容クリニックの料金の特徴

  • 基本治療費なし
  • 各オプションは別途費用がかかる
  • 移植株数が増えると株単価も比例して安くなる
  • モニター割引あり
  • 交通費・宿泊費の一部返還サービス
  • カードローン等の分割もOK

親和クリニック

東京・大阪・名古屋・福岡の4店舗を構えるFUE專門クリニックです。

新宿本院の音田ドクターは元競輪選手の中野浩一さんの植毛手術を担当したことで知られます。

親和クリニックの料金の特徴

  • 基本治療費あり
  • 刈らないFUEの基本治療費が業界最高額
  • 10〜50%割引可能なモニター割引を利用可
  • 交通費・宿泊費の一部返還サービス
  • カードローン等の分割もOK

アスク井上クリニック

元アイランドタワークリニックで院長をしておられた井上ドクターが独立して開いたFUE專門クリニックです。

アスク井上クリニックの料金の特徴

  • 基本治療費あり
  • FUE專門クリニックの中で最安値の設定
  • モニター割引を利用可能
  • 交通費・宿泊費の一部返還サービス
  • カードローン等の分割OK

ヨコ美クリニック

国内で植毛技術を常にリードし続けてきたパイオニア今川賢一郎ドクターが自ら経営するクリニックです。

今川医師は個人医師としての症例実績が現役医師で最多に上ります。

ヨコ美クリニックの料金の特徴

  • 基本治療費なし
  • FUT・FUEともに最安値の価格帯
  • プライバシー重視でモニター制度なし
  • 交通費・宿泊費サービスなし
  • 分割は医療ローンのみOK
  • FUTの場合、2500株以上はいくら増えても据え置きの120万円。

術式・方法別から見た植毛費用

自毛植毛はAGAになりづらいとされるエリアの髪を毛根ごと採取して薄毛の部分に移動させる技術ですが、FUT・FUE・アルタスロボットFUE・刈らないFUEと幾つかの方法があり、同じ株数でもそれぞれの方法によって値段が変わります。

以下、種類別に相場をお伝えしますのでご参考ください。

FUTの費用

ヨコ美クリニックのFUTの料金表

FUTはFUEよりも総じて費用が安くなる傾向があります。

また、移植する量が多くなればなるほど株単価が下がりますので大量移植を希望する場合にはFUTの術式を選択するとコストパフォーマンスを最大限に上げられ、お得感を感じられやすくなるでしょう。

FUEの費用

ヨコ美のFUE料金表

スタンダードなFUEは医師の作業量がFUTよりも増えるため全体的に高めです。

アルタスロボットFUEの費用

ロボットを使用した株の採取法では、本来医師がマニュアルでするべき作業をロボットが変わりにしてくれますので、通常のFUEよりも若干安い料金設定になっています。

刈らないFUE

後頭部を刈り上げずに株を採取する方法は、医師にとって一番手間がかかる術式ということもあり、どのクリニックでも例外なく高額に設定されています。

ただ、採取株数は他の術式と比べると少ない症例での適用になりやすいので、移植数が少ないケースでは積極的に検討できるかもしれません。

他の薄毛治療との費用比較

薄毛にお悩みの場合、植毛の他にもAGA治療薬や育毛剤などの対策もありますから、一体どの方法が経済的なんだろうと考える人も多いと思います。

他の薄毛治療法を比べてみると、植毛費用の優位性について更に実感できるかもしれません。

以下、20年間でかかる経費についての概算表を参考にしながら考えてみてください。

効果 デメリット 費用
自毛植毛
※ ヨコ美クリニックの植毛費用
一度の手術で生涯生え続ける。 專門クリニックでしか受けられない 20年の間に1000株の植毛を2回する場合、約140万円から受けられ、1日約192円の出費に相当。(※1)
発毛剤
※ リアップ発毛剤の費用
気軽に使用して発毛を促進できる。 生えるかどうかわからない。継続使用が必須。 ミノキシジル外用剤だと毎月7000円、20年では約168万円。1日当たり約230円。(※2)
AGA治療薬
※ AGAスキンクリニックの薬費用
髪の毛周期を正常化して薄毛の後退を防ぐ 前髪には効きにくく肝機能や性機能に影響を与える副作用の可能性 プロペシアだと毎月7000円かかり、20年間で約168万円。1日当たり約230円。(※3)
カツラ
※ スヴェンソン社のカツラ費用。
瞬時に薄毛を隠せる メンテナンスと継続費用が永遠と続く 初年度に約28万円。その後も毎月約1万4千円かかり、20年間では約347万円。1日当たり約475円。(※4)
育毛サロン
※ バイオテックの施術費用。
抜け毛防止・育毛 医学的な根拠がない施術。継続費用が永遠と続く。 月々14040円からで、20年通うと約337万円、1日当たり約461円。(※5)

植毛費用は一度に支払う金額は大きくなりがちですが、長期的な目線で捉え、効果の実感しやすさといった角度で考えると非常にコストパーフォーマンスが高い方法だと感じる人は少なくありません◎

植毛の最安値費用について

植毛でかかる費用はクリニックによって違ってきますし、見積もられる株数も各医院で若干違ったりしますから、前もってどこの病院の植毛手術が一番安いかについてはハッキリした結論は出せません。

ただ、以上で考えたきた傾向を念頭に入れていれば大体どのクリニックを利用すればリーズナブルに植毛を行えるかはわかるかと思います。

また、クリニックによっては定期的に割引をしていたり、限定的に基本治療費をカットする月を設けたりするところもあります。

そのため、最安値で植毛をしたい場合には、自分が好感を持っているクリニックを前もってよく調査しておき、どの術式やタイミングで植毛を受ければお得になるのかを見定めていくのも一つの手です。

しかし、『安さ』ばかり重視し過ぎてしまうと肝心の出来栄えがなおざりにされる可能性もありますから、同時に植毛手術で多くの実績と良い評判のある医師や施設についても調べておくのが最善です。

良心的な費用と満足度の高い植毛の両方を提供しているクリニックは限られていますので、よく吟味した上で植毛治療を受けるようにしましょう◎

 

※ ここまで読まれてみて仮に「植毛は高い…」という感想でしたら、手軽に試せる育毛剤でヘアケアするのも一つの方法ですね。今の自分にとって育毛剤が合っているのかどうか試すには永久返金保証書が付いているチャップアップなどの製品を使うと経済的な負担を軽くできます。植毛経験者の中にも満足して使用しづつけている人がいますので、チャップアップ体験レビューを参考にしてみるのも役立つと思いますよ。