FUEとFUTを比較した後にFUTで植毛した人にインタビュー!

2016年3月に湘南美容外科クリニック(旧:AGAルネッサンスクリニック)で自毛植毛をしたシールさん。

彼はFUEとFUTをよく比較した後に、最終的にはFUTを選択して植毛を受けました。

極論、FUTとFUEのどっちがいいの??

そんな悩みを抱えている読者さんも多いと思いますが、シールさんの話に耳を傾けてみると光が見えてくるかもしれません^^

FUE植毛をオススメしている医師

シールさんの感想:FUEではなくFUTを選んだ理由

以下、さっそくシールさんからのメッセージを掲載しますね。↓

 

切る自毛植毛FUTと切らない自毛植毛FUEのどちらにするかは、だいぶ悩みました。自分なりにネットで色々とリサーチをして、数件のクリニックでカウンセリングを受けた上で、それぞれのメリット、デメリットを何度も比較して、どちらにするかを判断しました。

最初、FUTは、後頭部の皮膚を切って、前頭部に移植すると言うので、切った後頭部はどうなるのだろう?、縫い合わせたとしても、施術の跡が残るのではないか?、また、縫合後の頭皮の突っ張り感が半年位は残るそうなので、かなりの抵抗がありました。

それに対し、FUEは後頭部の皮膚を切らないので良いなと思いました。だけど、FUEは後頭部を広範囲に渡って髪を1mmに刈り込まないといけないので、周りの髪を幾ら長く伸ばしていても、風が吹いたり、何かの拍子に絶対に回りの人に気付かれると思いました。また、FUEは、パンチの様な物で毛髪をくり抜いて行く為、後頭部に多数のパンチでくり抜いた跡が残るそうで、FUEの施術後の画像を、様々なHPで見ましたが、施術の傷跡があまり良いとは感じませんでした。

どちらにしても、後頭部に傷跡や突っ張り感が残るそうなので、それらが残りにくい施術方法はどちらなのか、比較をして行きました。

ヨコ美でカウンセリングを受けた際、ヨコ美の先生は、FUTを推奨されておられ、FUEに対してはあまり良い見解を述べておられませんでした。他院でFUEの施術をした所、傷跡が残ってしまった為、ヨコ美で再度施術をして、綺麗にやり直す人も居ると言われていました。

また、ルネッサンスクリニックの長井先生のお話もされていました。長井先生はFUEよりも、FUTでの施術をされておられるので、長井先生はFUTの方が結果が良くなると言う事を分かっているのだろうと仰っていました。

長井先生にカウンセリングをして頂いた時も、長井先生がやるFUTは、後頭部の傷跡が残りにくいと言われておりました。また、突っ張り感も術後しばらくは感じますが、頭皮は伸びるので、次第に突っ張り感も感じなくなって来るので、心配無いと言われました。

他にも2件のクリニックでカウンセリングを受けましたが、1件はFUEを、もう1件はFUTを推奨されていました。

長井先生はアルタスも推奨されており、アルタスの事もネットでリサーチしましたが、毛髪を抜いていく採取方法の為、傷跡が残るのではと思いました。それと後頭部を広範囲に渡って、短く刈り込まないといけないので、私の場合はアルタスはやめておこうと思いました。

自毛植毛は繊細な手作業なので、施術を行う人によって、結果に大きな差が出て来るとの事で、より多くのクリニックでカウンセリングを受け、直接会って話を聞いてみて信頼出来ると思えた先生に、自分が納得いく施術方法で、施術をして頂こうと思いました。

色々とリサーチした結果、FUTなら、後頭部をそんなに刈り込まなくても良いので、人に気付かれにくいと思いました。後頭部の傷跡は、ヨコ美やルネッサンスクリニックの長井先生に施術して頂ければ、残りにくいのではないかと感じました。また、費用面もクリニックによっては、FUTの方が抑えられる事。また、ヨコ美の先生や長井先生といった、海外の学会で発表をされている様な先生が、お二人ともFUTを推奨されている事が解りました。

一方、FUEは、後頭部を広範囲に渡って1mmに刈り込まないといけない。パンチのような物で毛髪をくり抜いて行く為、跡が残りやすいのではないかと感じました。費用面で、FUTと比べると高くなる。※クリニックによっては、FUEとFUTを同値に設定されてあります。

以上の事から、私の場合は、ヨコ美か長井先生に、FUTでやって貰おうと決めました。

この結論に至るまで、ネットで様々なクリニックのHPを見たり、自毛植毛について検索したり、HPの記載を読んだりして、ある程度の予備知識を付け、4件のクリニックにカウンセリングを受けに行きました。あらかじめ、カウンセリングの時に質問する項目をまとめておき、各クリニックによって見解がどう違うかを、確認して行きました。

これから自毛植毛を検討される方は、決して焦らずに、自毛植毛について、ゆっくりと時間を掛けて調べて理解を深め、一件でも多くのクリニックでカウンセリングを受けて沢山の意見を聞いて、様々な角度から、施術方法についての比較、クリニックの比較、どの先生が良いか、自毛植毛の施術後のアフターについて、等、色んな比較をして、ご自身の見解を出して頂ければと思います。

サイト管理人からの一言

今の日本の現状では多くのクリニックHPを見る限り、さもFUEが当然の如く優れている印象を与えるように意図的な情報操作がなされています。

ビジネスなので、FUE専門クリニックからすれば、それはある程度は仕方がないことでも、やはり行き過ぎている感が否めません。

 

なので、シールさんが実際にカウンセリングを通して情報を着実に精査していったように、これを見ているあなたも真っ白な気持ちで一旦クリニックに行き、よく話を聞くようにしてください。

そうすれば、1部のクリニックHPだけで形成されていた植毛施術の印象が徐々に徐々に変化していくことに気づかれるはずです。

少なくとも、FUTを本当に行なっている(※ HPで説明がされているだけではない)クリニックとFUEを主に行なっているクリニック両方の一つずつに足を運ぶようにしてください。

さもなければ、あなたはほぼ確実に情報操作された閉鎖的な情報だけで自分の一生に多大な影響を与える大切な決定を下すことになるのです。

 

これは脅しでもなんでもなくて、本当に事実なので、この記事を読んだ方は絶対にそうしてください。

ときどき、次回はどこで植毛を受けたいですか?と思考停止状態でお便りをくださる方がいますが、そういう人はかなりヤバい状態ですのでくれぐれも気をつけてくださいね。

今も将来も後悔しないために、自分の頭を使い最善を尽くす努力をしていきましょう。

>植毛費用<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です